日本の歴史人物 坂本龍馬 徳川家康 織田信長 豊臣秀吉

日本の歴史人物ランキング
HOME おすすめ! アマゾンのネット通販で歴史書籍を購入しよう サイトマップ
プロジェクトX(2巻セット)
日本の歴史人物ランキング
聖徳太子
坂本龍馬
織田信長
徳川家康
徳川光圀(水戸黄門)
豊臣秀吉
紫式部
真田幸村(真田信繁)
土方歳三
宮本武蔵

福沢諭吉
上杉謙信
千利休
武田信玄
伊達政宗
西郷隆盛
近藤勇
松尾芭蕉
勝海舟
吉田松陰

高杉晋作
大石内蔵助(忠臣蔵)
源頼朝
小野小町
一休宗純
平賀源内
平清盛
藤原道長
遠山景元(遠山の金さん)
小野妹子

世界の歴史
中国の歴史
韓国の歴史
アメリカの歴史
イギリスの歴史
フランスの歴史
ドイツの歴史
インドの歴史
スペインの歴史

国内の歴史博物館
歴史資料館
長崎歴史博物館
国立歴史民俗博物館
奈良県立歴史民族博物館

各都道府県の歴史
大阪の歴史
京都の歴史
沖縄の歴史
長崎の歴史

いろいろな歴史
漫画の歴史
ゲームの歴史
コンピュータの歴史
インターネットの歴史

当サイトについて
運営者情報
おすすめサイト

日本の歴史人物ランキング



我々が「日本」という国で生活し、これからの時代をより生きるためには、現在に至るまでの日本史の歩みを理解しなければいけません。

まずは、日本列島の歴史を見てみましょう!

日本列島において確認されている人類の歴史は、約10万年ないし約3万年前までさかのぼります。約1万2千年前頃、最終氷期が終わり急激な温暖化が始まると、人々の文化や生活に大きな変化が生じ、南西諸島を除き、次の縄文時代へ移行していきました。

約1万2千年前頃からは縄文時代と呼ばれています。
草創期・早期・前期・中期・後期・晩期の6期に区分され、この頃の人は縄文式土器を作り、早期以降定住化が進んでおもに竪穴式住居に住んでいたといわれています。
弓矢を用いた狩猟、貝塚に見られる漁労、植物の採集などで生活を営み、打製石器、磨製石器、骨角器などを用いたそうです。

紀元前8世紀頃から3世紀頃までは弥生時代と呼ばれています。
時代区分名称は、この時期に特徴的に見られた弥生式土器が由来になっています。
稲作を中心とする農耕社会が成立し、北部九州から日本列島各地へ急速に広まりました。

3世紀中後期から7世紀頃までは古墳時代と呼ばれています。
馬の埴輪3世紀中葉に畿内に出現した前方後円墳が急速に列島各地に広まっており、このことは畿内・山陽・北部九州に並立していた地域政治集団が糾合してヤマト王権を形成したことを表していると考えられています。

6世紀後半から8世紀初頭までは飛鳥時代と呼ばれています。
6世紀後半にはヤマト王権の国内支配が安定し、むしろ王権内部の王位継承抗争が目立ちました。
7世紀中葉の大化の改新も権力集中化の動きの一つであり、一定の進展を見せています。

8世紀初頭から末にかけては奈良時代と呼ばれています。
この時に奈良に都城(平城京)が置かれました。8世紀後半に入ると、百姓階層の分化が始まり、百姓の逃亡が増加し、律令支配の転換を迫る状況が生じていきました。

8世紀末頃から12世紀末頃までは平安時代と呼ばれ、桓武天皇の築いた平安京が都とされました。
平安前期には百姓階層の分化が一層進み、前代から引き続いた律令国家体制に限界が生じたため、政府は11世紀初頭ごろから地方分権的な国家体制改革を精力的に推進し、王朝国家体制と呼ばれる体制が成立しました。

12世紀末頃から14世紀頃までは鎌倉時代と呼ばれています。
13世紀中期頃から、貨幣経済の浸透と商品流通の活発化、村落の形成、地頭ら武士による荘園公領への侵出など、大きな社会変動が生じ始めました。

14世紀頃は南北朝時代と呼ばれています。
大覚寺統の南朝と持明院統の北朝に朝廷が分かれました。
14世紀頃から16世紀頃までは室町時代と呼ばれ、京都の室町に幕府が置かれました。
足利尊氏が南朝に対して北朝を擁立し室町幕府を開いたと言われています。

15世紀後期から16世紀後期にかけての時期を戦国時代と呼ばれています。
この時代は、守護大名や守護代、国人などを出自とする戦国大名が登場し、それら戦国大名勢力は中世的な支配体系を徐々に崩し、分国法を定めるなど各地で自立化を強めました。
そうした流れの中で16世紀中葉に登場した織田信長は、兵農分離などにより自領の武力を強力に組織化して急速に支配地域を拡大していきました。
安土桃山時代に、織田信長は将軍足利義昭を放逐し、室町幕府に代わる畿内政権を樹立しました。
しかし、信長が本能寺の変により滅ぼされると、天下統一事業は豊臣秀吉が継承することとなりました。

慶長8年(1603年)から慶応3年(1867年)までは江戸時代と呼ばれ、江戸に江戸幕府が置かれました。
中期には幕府の財政が悪化し、徳川吉宗は享保の改革を行い一時財政を立て直しますが、再び悪化し、その後に寛政の改革、天保の改革などで建て直しが図られたが、根本的な解決にはなりませんでした。

1868年から1912年は明治時代と呼ばれます。
朝廷とそれを推戴する諸藩は、王政復古の大号令や戊辰戦争などを経て江戸幕府勢力を退けると、新たな政府(明治新政府)を樹立しました。
文化面では欧米から新たな学問・芸術が伝来し、それまでの日本に存在しなかった個人主義に基づく小説という文学が登場するなど、江戸時代以前とは大きく異なった文化が発展しました。

1912年から1926年は大正時代と呼ばれます。
日本は第一次世界大戦に参戦して勝利し、列強の一つに数えられるようになります。
米騒動を契機とする大正デモクラシーと呼ばれる政治運動により、普通選挙が実施され政党政治が成立しました。

1926年から1989年は昭和時代と呼ばれます。
大正期から続いた不景気から回復できないまま、世界恐慌が直撃し、社会不安が増大します。
政党政治に代って軍部が力を持ち、満州を占領して満州国を樹立し、やがて中国との泥沼の日中戦争に発展します。

1989年からは平成時代とと呼ばれます。
昭和末期から続いたバブル景気が崩壊し、長い不景気に苦しみ、経済面での構造改革が進められました。
その効果もあって、平成14年ごろから景気が回復し始め、平成18年にはいざなぎ景気を超える長期間の景気拡大を達成しました。

いろんな出来事があった中で、多くの偉大なる人物がいたからこそ、今の日本があり我々が存在すると言っても過言ではありません。

そんな中で、今も多くの人々に支持されている人気ある歴史人物のプロフィール等を個々のページにおいて作成しましたので、ゆっくりとご覧下さい!




generic diflucanantabuse online order priligybuy domperidone online buy propecialasix order retin a onlinebuy natrexone any-pills-us.comcheap metronidazole buy antabusebuy domperidone